ニュース

【ドコモ】どうするガラケー?FOMA(iモード)の提供終了でクレームは増えるのか?

imode

お疲れ様です。現役ショップ店員の「エス@ケータイ屋で10年」です。

先日、ドコモで提供されていた「FOMA(3G)」および「iモード」を2026年3月31日に終了すると発表がありました。これにより、2026年4月以降はFOMA契約のガラケー、スマートフォンが使用できなくなります。ちなみに通話も通信も使えません。

今後、ショップ店員のみなさんは「FOMA」を契約をしているお客さんの対応で忙しくなりそうですね。

「10年以上もドコモで契約しているのに、ドコモの都合で勝手に終了するとはどういうことだ!」、「iモードで課金しているゲームの保障はどうするんだ?今まで課金してきた分のお金を返せ!」など、クレームも増えてきそうです。

現在、「FOMA」での音声プランと「iモード」を使っているガラケーユーザーは、今後どうすればいいか解説します。

ガラケーを使っている人はどうすればいいのか?

imode

すでに「FOMA」での音声プランと「iモード」の契約については、2019年9月30日をもって新規受付終了となっていますので、中古でFOMA対応端末を購入しても「FOMA」契約はできません。これからドコモのガラケーを購入する予定の人は「Xi(SPモードケータイ)」対応にしてください。

そして、現在「FOMA」での音声プランと「iモード」の契約をしている人は、2026年4月以降は使用できなくなりますので、それまでに「Xi(4G)」対応に機種変更しなければなりません。

おそらく店頭では、こんな不満の声(クレーム)が増えるでしょう。

「ドコモの都合で勝手に終了するのに、なぜお客側が端末代金を負担して機種変更しなければならないのか?FOMAのままで満足しているんだから、機種変更するつもりはない。」

「iモードを使ってサイト(無料/有料)を利用しているのに、サービスが使えなくなると困る。」

「この機種以外に使いこなせる自信がない。お金を出してまで機種変更するつもりはない。」

こんなところでしょうか。

「FOMA」が終了してもガラケーはなくならない

今回の「FOMA」と「iモード」の終了で、ガラケーユーザーはどうすればいいのか。

「スマートフォンやiPhoneを使いこなせる自信がない。」、「通話しか使っていないのに、料金の高いスマホに変えないといけないのか。」このように、わざわざスマホに買い替える必要がない人はいます。

その場合、Xi対応のガラケー(SPモードケータイ)に機種変更することで解決できます。新機種も発売しますし、使用方法は今までのガラケーと同じなので機種変更しても問題なく使いこなせるでしょう。

imode

Xi対応のガラケー(SPモードケータイ)

  • arrows ケータイ F-03L
  • SH-03L
  • AQUOSケータイ SH-02L
  • P-smart ケータイ P-01J
  • カードケータイ KY-01L
  • らくらくホン F-02J

上記は2019年10月時点で販売されているガラケーですが、シニア世代向けのガラケー「らくらくホン」も新機種が発売されます。こちらもXi対応なので、FOMAが終了しても使用することができます。

imode

とりあえず、2026年4月以降もガラケーが使えなくなることはなさそうです。

Xi対応のガラケーは料金が高くなるのか?

imode

FOMA契約が終了し、Xi対応のガラケーを使うのはしょうがない。しかし、料金が高くなることについては納得できない。この問題はどうすればいいのか解説します。

現在、FOMA契約のガラケーを使っている人の多くが「バリュープラン」です。通話が多い人だと「カケホーダイ」を契約しているでしょう。しかし、FOMA→Xiになることで、この料金プランは契約できませんので、機種変更と同時に新料金プランが適用されます。

【iモードケータイ】FOMA契約の料金プラン

バリュープラン(2年定期契約)

  • シンプルバリュー(無料通話分なし):743円
  • SSバリュー(無料通話分1,000円):934円
  • Sバリュー(無料通話分2,000円):1,500円
  • Mバリュー(無料通話分4,000円):2,500円
  • Lバリュー(無料通話分6,000円):4,000円
  • LLバリュー(無料通話分11,000円):6,000円

「バリュープラン」で、iモードメールやインターネットを使用する場合、iモード(月額300円)、高額請求防止のためパケホーダイダブル(月額372円~4,200円)等の契約が別途必要です。

カケホーダイ(2年定期契約)

  • カケホーダイ(国内通話24時間無料):2,200円

「カケホーダイ」で、iモードメールやインターネットを使用する場合、iモード(月額300円)、高額請求防止のためデータSパック(月額3,500円)等の契約が別途必要です。

【SPモードケータイ】Xi契約の料金プラン

Xi契約のガラケー(SPモードケータイ)の料金プランは、「基本料金(1,200円)+通話オプション(1,700円/700円)」となります。通話を頻繁にする人なら「24時間無料」、短い通話が多い人は「5分間無料」、通話をしない人は「通話オプションなし」を選べばいいでしょう。

基本料金(2年定期契約)

  • ケータイプラン(無料通話なし):1,200円

通話オプション

  • かけ放題オプション(国内通話24時間無料):1,700円
  • 5分通話無料オプション(国内通話1回5分間無料):700円

FOMA契約とは違い、通信料金も含まれるので、iモード(月額300円)、パケホーダイダブル(月額372円~4,200円)の契約は不要です。

料金プランを比較してみると、Xi対応のガラケーに変更しても、そこまで料金が高くことはありません。バリュープランで通話が多い人なら、逆に毎月の支払いは少なくなるでしょう。

iモードサイト(インターネット)はどうなるのか?

現在、特定のサイトを閲覧している人は、SPモードケータイになることで閲覧できなくなることがあります。

しかし、これについては「サイトの運営側」がSPモードケータイに対応させるのか、スマートフォンのみ対応になるのかで変わることがあります。また、有料サイトなどを利用している場合、機種変更前に移行の手続きが必要になることがありますので、サイトのQ&Aなどを確認しておきましょう。

Xi契約に変更すると割引がある

ドコモでは、FOMAからXiに変更することで、いくつかの割引が適用されますので紹介します。

この割引が適用になることで、費用負担が少なく機種変更できたり、スマホデビューすることができます。

【購入特典】はじめてスマホ購入サポート

はじめてスマホ購入サポート

FOMA契約→Xi契約に変更、または他社3Gケータイからの乗り換えで、対象端末を購入すると最大22,000円割引になります。店頭ではなく、オンラインショップで購入した場合は、本体値引きではなくdポイント(期間・用途限定)還元となります。

適用条件

  • FOMAからXiへの変更、他社3G回線からXiへの乗り換え
  • 利用中の端末が3G回線専用機種であることの確認

過去6か月以内に機種購入している、XiからFOMAへの契約変更している、端末を持ち込み新規契約している場合、割引の対象外です。また、キッズケータイプラン・データプランからの変更も対象外です。

対象機種

Xi対応のスマートフォンやiPhoneだけでなく、一部のXi対応のガラケー(SPモードケータイ)も割引対象になっていますので、FOMAガラケーからXiガラケーに機種変更もお得です。

参考:はじめてスマホ購入サポート

【スマホデビュー特典】はじめてスマホ割

はじめてスマホ割

「はじめてスマホ割」は、ガラケーからスマートフォンへの変更(MNPポートイン含む)が対象になる割引です。しかも、端末購入は条件ではありませんので、Xi対応スマホを持ち込んで、料金プランを変更するだけでも割引対象になります。

対象プラン

  • ギガホ
  • ギガライト

割引金額

  • 月額1,000円×12ヶ月

適用条件

  • 対象プランからの契約変更(FOMA→Xi)

直近の最新購入機種が、ドコモで購入している下記対象機種で、かつ18か月以上利用していること。

  • ドコモケータイ
  • らくらくホン(らくスマを除く)
  • キッズケータイ

参考:はじめてスマホ割

【スマホデビュー特典】おしゃべり割60

おしゃべり割60

「おしゃべり割60」は、ガラケーからスマートフォンへの変更(MNPポートイン含む)が対象になる割引です。こちらも端末購入は条件ではありませんので、Xi対応スマホを持ち込んで、料金プランを変更するだけでも割引対象になります。また、「はじめてスマホ割」も重畳契約適用可能です。

契約者は60歳以上でなくても問題ありませんが、60歳以上の利用者登録が必要です。

受付期間

  • 2019年11月1日~2020年3月31日

適用条件

  • はじめてスマホ割の適用
  • 利用者が60歳以上
  • ギガホもしくはギガライトの契約
  • かけ放題オプションもしくは5分通話無料オプションの契約

割引金額

  • 月額700円×12ヶ月

参考:おしゃべり割60

【まとめ】FOMAが終了しても問題なし

2026年4月以降、FOMA(iモード)が使用できなくなることで、ガラケーユーザーとしては「結局、損するのではないか?」「スマホしかお得じゃない!」「料金が高くなる!」などの心配が増えますよね?

しかし、上記で解説している通り、月々の料金が高くなったり、ガラケーがなくなることはありません。

しかも、iモードを使っている人であれば、SPモードケータイに変わることで、通信速度も速くなり、今よりも快適にインターネットが使えます。ぜひ、この機会にSPモードケータイに機種変更することも検討してみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です