インターネット

【不具合】家族でスマホを使っているのに自分だけWi-Fiに繋がらないときの対処法。

プロバイダ

お疲れ様です。ドコモショップで働いている「けいた」です。

家族でスマートフォンやiPhoneを使っていると、「自分だけ家のWi-Fiが繋がらない。」という事象が発生します。他の家族は問題なくWi-Fiが使えているのに、なぜか自分だけWi-Fiに接続できない。

しかも、自分のスマートフォンだけがWi-Fiに接続できないため、端末故障だと思いショップに来店してくることもありますが、お店のWi-Fiには接続できていることがあります。

自宅のWi-Fiには接続できないけど、自宅以外のWi-Fiには接続できる。それは、故障ではなく「一時的」な事象と考えられます。こんなときの解決策をご紹介します。

自宅の一部だけWi-Fiに繋がらないときは電波が弱い

Wi-Fi

「Wi-Fiに繋がらない」と言っても状況は様々です。

まずは「自宅内のどこにいても接続できないのか。」「一部の部屋だけ接続できないのか。」を確認しましょう。もし、一部の部屋だけ接続できない場合、Wi-Fiの電波が弱く、電波が届いていない可能性があります。

とくに、1階にモデムやルーターが設置されていると、2階までWi-Fiの電波が届かないことがあります。その場合、中継機を設置することで解決できます。詳しくは「自宅の一部でWi-Fiが使えない?電波が届かないなら「中継機」を使えば解決できる。」を参考にしてください。

次に「自宅内のどこにいても接続できない場合」は、これから紹介する対処法を試してください。

【原因1】Wi-Fiに接続している端末が多すぎる

最近は、家族で複数台の端末を使用しているケースが多く、その全てがWi-Fiに接続されていることがあります。そうなると、電波をそれぞれの端末が使用しているため、一部の端末だけがWi-Fiに接続できないことがあります。

まずは以下の方法を試してください。

  1. 全ての端末のWi-FiをOFFにする、もしくは端末の電源を切ってしまう。
  2. 問題のある端末だけ電源を再起動し、その後「Wi-Fi」に接続する。
  3. 無事にWi-Fiに接続できたら、残りの端末を1台ずつWi-Fiに接続していく。

これで解決できることがあります。

【原因2】電波が混線している

スマートフォンやiPhoneは、基本的には24時間インターネットに接続している状態です。そして、複数台の端末が一台のWi-Fiルーターに接続していると、電波が混線してしまい、正常にインターネットに接続できなくことがあります。

基本的には、混線している状態ではスマートフォンやiPhoneの電源を切ったり、Wi-FiのON/OFFを試しても解決できないことがあります。

その場合、以下の方法を試してください。

  1. Wi-Fiに接続している端末の電源を切る。
  2. Wi-Fiルーター、モデムの電源を切る(コンセントから抜く)。
  3. 10秒以上待ってからWi-Fiルーター、モデムの電源を入れる。
  4. Wi-Fiルーター、モデムの電源を入れてから、10秒以上待つ。
  5. 問題のある端末の電源を入れ、Wi-Fiに接続する。

上記の方法で、問題のある端末がWi-Fiに接続できたら、残りの端末も同じように電話を入れてWi-Fiに接続します。

もし、上記の方法で解決できれば一時的な事象だと思われます。

【原因3】Wi-Fiルーター・モデムが故障している

上記の【原因2】で一時的に解決できても、しばらくすると再び同じ事象が発生することがあります。

そうなると、スマートフォンやiPhoneの問題ではなく、モデムやWi-Fiルーターが故障している可能が高くなります。その場合、光回線の会社に問い合わせてみましょう。モデムやWi-Fiルーターを交換してもらうことで解決することがあります。

ただし、「Wi-Fiルーター」を自分で購入している場合、交換ではなく新しいモノに買い替えが必要です。しかし、契約している「プロバイダ」で無料レンタルしてくれることもありますので、一度確認してみましょう。

ちなみに、下記は「Amazon」で高評価のWi-Fiルーターです。ちょっと値段は高いですが、「速度が速くなった」「電波の範囲が広い」と良いコメントを多く見かけます。

created by Rinker
バッファロー
¥16,791
(2019/12/14 13:34:19時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です